ブリッジ・入れ歯・
インプラント治療

ブリッジ治療について

ブリッジとは、歯を1~2本欠損してしまった場合に、両隣の歯を削って「土台」にし、ダミーの歯を作って噛めるようにする治療です。
保険適用も可能なため費用を抑えられ、部分入れ歯のようなバネもなく、目立ちにくいというメリットがありますが、
健康な歯を削らなくてはならないというデメリットもあります。
当クリニックでは、支持する歯の診断を的確に行い、長期的に維持できるブリッジを設計いたします。

白い歯を保険で取り戻せる
かもしれません

ハイブリッドセラミックブリッジとは、レジンとセラミック素材を混ぜ合わせたものを使用しているブリッジです。
審美性の高い、天然の歯に近い色のブリッジを作ることができますが、通常は保険外での治療となります。
しかし、条件によっては保険を適用できる場合もございますので、気になる方は一度ご相談ください。

入れ歯治療について

義歯(入れ歯)には大きくわけると「部分入れ歯」と「総入れ歯」があります。
部分入れ歯とは、残っている歯にバネなどをかけて、歯と粘膜で固定をするものです。
総入れ歯は、すべての歯が抜けてしまった部分に床を作り、粘膜のみで維持するものです。
歯が無くなってしまっても快適な生活が送れるように、お口の状態に合わせた義歯を作製してまいります。

金属床

レジンの義歯に比べて、素材が丈夫で薄く仕上がるため違和感が少なく、喋りやすいという特徴があります。
お口を広く感じさせ、熱が伝わりやすくお食事を楽しめるといったメリットがありますが、アゴの骨が痩せてくると徐々に合わなくなってくるため、定期的なメンテナンスが必要になります。

料金 150,000円(税別)

シリコン義歯
(コンフォート義歯)

義歯床の一部がシリコンでできています。
シリコンは柔らかいため、当たって痛みを感じることがなく強く噛むことができます。
シリコン部分が汚れやすいというデメリットがあります。

料金 200,000円~(税別)
※口腔内の状況により料金が変動いたします。

ノンクラスプ義歯

通常の義歯は動かないようにするために金具が付いています。
ノンクラスプ義歯は金具の部分がプラスチックで出来ており、歯茎の色調と同化している為に、一目では入れ歯をしているのか分からないほど審美性に優れています。
また、プラスチックで出来ているので柔軟性があり、装着した時の違和感が少ないのも特徴です。
柔軟性があるため、硬いものを噛む際にたわみが生じることがあります。

料金 200,000円~(税別)
※口腔内の状況により料金が変動いたします。

症例によって最適な義歯をご案内いたします。ご興味のある方はご相談ください。

インプラント治療について

インプラントとは、天然歯根の代用となる人工歯根(チタン製)のことです。
インプラントをあごの骨に埋め込み、その上に人工の歯をつくります。インプラント埋入のための手術が必要になりますので、治療期間も長くなりますが、入れ歯に比べ自分の歯のように違和感なく噛め、天然歯と同じような生活を送ることが出来ます。
見た目も天然歯に近く、審美性にも優れています。

治療のメリット・デメリット

インプラントは、むし歯にはなりませんが細菌感染には弱いため、自分の歯以上の丁寧なプラークコントロールが必要になります。
プラークコントロールが出来ないとインプラントが細菌に侵され、最悪抜け落ちてしまうケースもあるため、半年に1回程度は定期検診を受けていただき、インプラントや人工の歯の状態、噛み合わせを確認します。

治療の流れ

Step.1治療前のカウンセリング

インプラント治療全般について、患者さまの不安点や疑問点について、お答えさせていただきます。

Step.2口腔内の検査

CTやパノラマ撮影による精密なデータを分析し、患者さまにあった無理のない治療計画を立てます。

Step.3治療計画の作成

検査の結果をもとに、安全・安心で患者さまに無理のない治療計画を立て、ご説明させていただきます。

Step.4
第1次治療・インプラントの埋入手術

インプラントをあごの骨に植え込みます。手術と言いましても入院する必要はなく、痛みもほとんどありません。

Step.5
第2次治療・上部構造(人工歯)の作製と装着

第1次治療終了後、インプラントが骨に定着するのを待ってから行います。通常、歯が完成したら実際に装着をし、噛み合わせ等を調整します。問題がないと判断した時点でしっかりと固定します。治療はこれで終了です。
定着には2〜6ヶ月かかり、個人差があります。人工歯を作るために歯列の型をとります。

骨が足りない方へ

もともとあごの骨が薄い方や、歯周病により骨が下がってしまった方の場合、インプラントを埋入するための厚みや高さが不足するケースがあります。その場合は様々な方法により、骨量を増やす治療を行ってまいります。

GBR

骨が失われた部位に骨補填材を入れ、メンブレンと呼ばれる専用の膜で覆うことで、骨再生を促す手術です。

サイナスリフト

歯茎(側面)を剥離し、あごの骨を取り除いて穴を開け、サイナスという空洞と歯槽骨の間にあるシュナイダー膜を押し上げます。シュナイダー膜を持ち上げてできたスペースに、骨補填剤や自家骨などを埋入します。

ソケットリフト

歯肉を剥離し、歯槽骨にインプラントを埋入する穴を開け、骨補填剤や自家骨を填入しながらシュナイダー膜を押し上げ、骨量を増やします。骨造成後、そのままインプラントを埋入することが可能です。

インプラント治療料金

料金 トータル 350,000円~(税別)

※インプラント治療前には、他院での歯科用CT撮影をお願いしております。